トップ / 金融とはお金をやり取りする事

金融とはお金をやり取りする事

目的に合った金融選び

カード

金融に便利な基礎知識とは

金融とは、お金をやり取りする事です。直接と間接に分類されており、証券会社を通じての取引が直接で、銀行を通じての取引が間接になります。株式と社債や債券などが主な直接の商品で、預金と融資が間接の主な商品です。双方の違いは、運用のリスクが投資家なのか銀行なのか、と言う事になります。また、直接の場合は、ハイリスクハイリターンなのに対して、間接の場合はリターンは少ないけど安全です。将来に向けて資産運用をする人もいると思いますし、キャッシングなどを利用してお金を借りる人もいるでしょう。同じ金融でも、それぞれ目的が違って来ますので、それぞれの目的に合った便利な知識を見につけて下さい。

知っておくと便利なカード知識

クレジットカードは後払いができることで利便性の高い金融商品ですが、それ以外にも様々な機能を備えています。カード会社によって採用している機能がことなりますから、自分に適した機能を知り、知識として有効活用しましょう。最も便利なのはキャッシュレス機能で、インターネットで活用されています。カード番号及びパスワード番号などを入力することで、カードによる料金支払いを可能にするシステムです。一方多くのカード会社で使われているのは、同じく金融商品であるキャッシング機能です。ローンを組むことを考えている場合は、利用目的に対応したキャッシングを提供している会社のカードにすると同時に申請が可能です。

↑PAGE TOP